週報

2020年2月9日主日礼拝週報

2020年2月9日(No.45)
主 日 礼 拝 「教会はキリストの体であり、すべてにおい

てすべてを満たしている方の満ちておられる

場です」(エフェソの信徒への手紙1章23

 
《降誕節主日礼拝》  

 

前  奏

招きの言葉   創世記1章1,3節(23)

頌  栄    83-1

詩編交読   詩篇125編1~5節      143頁

祈    り

聖  書   ヨハネによる福音書8章21~30節 181頁

讃 美 歌     287

説  教  「あなたは、どなた」

                                 森田 光博牧師(隠退教師)

祈    り

讃 美 歌  474

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄   26

祝  福            

後    奏     

報   告

※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定

教会学校 9時30分~10時10分(於:礼拝堂・母子室)

会堂清掃(有志によって)   礼拝後

夕礼拝  18時より

分区委員会11日(火)11時より 於:上田新参町教会

北信分区2・11集会 11日(火)14時 於:上田新参町教会

牧師出張:信州中野教会祈祷会12日(水)13時30分より

祈祷会 13日(木)マルコによる福音書10章1~12節の学びと祈り

会堂清掃 18日(土)鶴巻 宏治、関 理恵子、中村 恵実子

次週主日の予告

◇主日礼拝     2020年2月16日(日)午前10時20分より

司  式:横井 伸夫  奏 樂:伊東 朝子  当番:丸山 祐子

聖  書:ガラテヤの信徒への手紙3章7~14節

説  教:「呪いとなられた主」(使徒信条講解説教)横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編32編1~7節 讃美歌:51、358、300、29

教会学校(礼拝堂・母子室)9時30分~10時10分

婦人会主催小原福治牧師の説教を学ぶ会 礼拝後

夕礼拝 18時   ◎次々週の讃美歌:25,351、402、28

先週の集会出席者数

男  女 子 計           男   女   計

主日礼拝 9 22  0 31  教会学校  0   0  0

祈 祷 会 2  5 0  7  夕 礼 拝  0  0   0

お知らせ

*本日横井牧師は、信州中野教会の主日礼拝説教奉仕のために出張されています.そのため、当教会の礼拝は先月に引き続き、森田光博先生に説教奉仕をしていただきました。心より感謝いたします。

*2月11日(火・祝)は「建国記念日」とされていますが、戦前の「紀元節」との因果関係が指摘され、憲法の規定する「信教の自由」の原則に反することではないかとされています。キリスト教会ではこの日を「信教の自由を守る日」として各地で集会が行われます。北信分区ではこの日午後2時より、上田新参町教会にて牧野信次先生(農村伝道神学校旧約学講師)をお招きして「信教の自由と象徴天皇制~わたしのささやかな経験を通して~」という題で講演をしていただき、学びます。ぜひ、ご出席ください。

*台風19号の被災者・被災教会のために祈りを合わせましょう。支援募金にご協力ください。受付の募金箱にお入れください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*長老会報告があります。

☆先週の説教から☆

主イエス・キリストは過越祭の時、エルサレム神殿を訪れた。主イエスは神殿で「犠牲の供え物」を売る商売人やローマの貨幣を両替する両替人を境内から追い出してしまう。それは「主の神殿」を「すべての人の祈りの家」として回復するためであった。神殿は神様が私たちの祈りに耳を傾けてくださる場所であった。心を注ぎ出して祈る場所であった。しかし、いつのまにか私たち人間は神様と向き合おうとせず、自分の罪とも向き合おうともしなくなり、「主の神殿、主の神殿」と言って、悔い改めをせずとも神様が助けてくれると思い込んでいた。しかし、神様は悔い改めなきイスラエルを滅ぼされたのである。主イエスはご自身を食い尽くすようにして、私たちのために神様に執り成しをし、「祈りの道」を拓いてくださった。主イエスを通して私たちは神様に祈ることが出来るのである。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です