週報

2020年7月26日主日礼拝週報

2020年7月26日(No.19)
主 日 礼 拝 「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。」(ガラテヤの信徒への手紙2章20  
《聖霊降臨節》  

 

前  奏

招きの言葉   ローマの信徒への手紙5章5節(53)

頌  栄    24

詩編交読  詩篇54編3~9節     58頁

祈    り 

聖  書 エフェソの信徒への手紙4章25~32節  357頁

讃 美 歌    417

説  教  「私たちの保証」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌  521

信仰告白  使徒信条

献    金  

祈    り

主の祈り  

頌    栄   28

祝  福            

後    奏     

報   告

 ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定

教会学校礼拝 9時30分~10時10分(於:礼拝堂、母子室

礼拝委員会  礼拝後

夕礼拝 18時より

◇消防設備点検 27日(月)4時30分より

祈祷会  30日(木)マルコによる福音書14章43~51節の学びと祈り

◇牧師出張:教区総会下見・打ち合わせ(於:池の平ホテル)31日

会堂清掃 2日(日)礼拝後有志により清掃

次週主日の予告

◇聖霊降臨節主日礼拝 2020年8月2日(日)午前10時20分より

聖餐式が執行されます。

聖  書:列王記上17章8~16節、ヨハネによる福音書6章22~27節

説  教:「永遠の命の糧」横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編68編1~11節 讃美歌:25、492、18、81、88

*悔い改め・喜び・感謝をもって主の晩餐に与りましょう。

教会学校礼拝(礼拝堂・母子室)9時30分~10時10分

定例長老会  礼拝後

夕礼拝 18時

◎次々週の讃美歌:83-1、499、513、88

先週の集会出席者数

男    女 子   計           男   女   計

主日礼拝 6  16  2 24   教会学校  0 2   2

祈 祷 会 1   3   0   4    夕 礼 拝  0   0  0

お知らせ

*夏の恵みに感謝して夏期献金をお献げください。

*台風や豪雨などの被災者・被災教会のために祈りを合わせましょう。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*新型コロナウイルス感染症対策のために手の消毒やマスク着用にご協力ください。

☆御言葉の恵み☆

「はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている。」と主イエスは語られた。私たちは自分の力で生きているようであるが、実は罪の力、死の力に捕らわれている。私たち人間は最初の人間アダムの以来、神様との関係が崩れ、「死ぬ存在」となった。死に向かって歩んでいる私たちは互いにこの世の富や名誉や権力といったものを奪い合い、互いに憎しみ合い、傷つけ合いながら生きていることになった。神様との関係の破綻は社会正義の破綻となった。多くの民の愛が冷えているのが私たちの生きる「世」の現実である。ヨハネの手紙の著者は、ここに「死」の現実を見た。神様を受け入れずに、隣人を傷つけて生きる者は「死に留まる存在」なのである。

私たちはこの「罪の問題」、「死の問題」を自らの力で解決することは出来ない。死の前には「諦め」しかない。しかし神様は常に真実な方である。神様は私たちを罪と死の縄目から解放するために御子主イエス・キリストをこの世に遣わされた。御子キリストの御言葉を聞き、父なる神様を信じるとき、私たちは主イエスと結ばれ、神様の命の中に引き入れられた。主イエスが私たちのために命を捨ててくださった。この主イエスの愛を受ける時、私たちは「互いに憎しみ合う世」から「互いに愛し合う」交わりに生かされている。その中心に死から命に移された者としての礼拝がある。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です