週報

2020年4月5日主日礼拝週報

2020年4月5日(No.1)
主 日 礼 拝 「生きているのは、もはやわたしではありま

せん。キリストがわたしの内に生きておられ

るのです。」(ガラテヤの信徒への手紙2章20

 
《棕櫚の主日礼拝》  

 

前  奏

招きの言葉   ゼカリヤ書9章9節(36)

頌  栄    83

詩編交読   詩篇64編1~11節      67頁

祈    り

聖  書    創世記22章1~18節      31頁

ヨハネによる福音書18章28~40節 205頁

讃 美 歌     311

説  教  「真理とは何か」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌  306

聖  餐       

讃 美 歌    180

信仰告白  使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄   88

祝  福            

後    奏     

報   告

  ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定

教会学校 9時30分~10時10分(於:礼拝堂・母子室)

讃美歌練習:331番(4月の讃美歌)

定例長老会   礼拝後

夕礼拝 18時より

祈祷会 9日(木)マルコによる福音書11章27~33節の学びと祈り

教会会計監査 11日(土)午後1時30分より

会堂清掃 12日(日)礼拝後有志で行います。

次週主日の予告

◇復活祭(イースター)主日礼拝

2020年4月12日(日)午前10時20分より 聖餐式執行

聖  書:イザヤ書55章1~11節、ヨハネによる福音書20章1~18節

説  教:「後ろに立つ命の主」

交読詩編:詩編30編1~13節

讃美歌:331、326、333、180、88

*イースターの喜びと感謝をもって主の聖餐に与りましょう。

教会学校イースター礼拝(於:ひまわり公園)9時~10時

夕礼拝 18時

◎次々週の讃美歌:331、325、197,24

先週の集会出席者数

男  女 子 計             男   女   計

主日礼拝 615 2 23    教会学校  0   2  2

祈 祷 会 3  3 0  6     夕 礼 拝  0  0   0

お知らせ

*受難週を迎えました。私たちのために主イエス・キリストが御苦しみを受け、死なれ、私たちを罪から贖ってくださったことをおぼえ、悔い改めと感謝をもってイースター(4月12日)までの時を歩みましょう。

*2020年度の「各委員会の所属希望調査」をご記入の上、受付にあります所定の箱に入れてください。

*台風19号の被災者・被災教会のために祈りを合わせましょう。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*2020年度の歩みが始まりました。今年度の歩みが神様の御心に適ったものとなりますように祈りを合わせましょう。4月26日(日)礼拝後に今年度の定期教会総会を行います。教会員の方はご予定ください。

☆御言葉に聴く☆

「主イエス・キリストの栄光」とは、主イエス・キリストの十字架を示す。「栄光」とは「華やかさ」ではなく「重さ」を意味する言葉である。十字架は主イエス・キリストの愛の重さである。私たちは「自分自身が幸せでありたい」と願う。そう思いながらも私たちは祝福の源である神様から離れ、「自分」というものに囚われ、隣人をないがしろにして生きている。人間の真実の幸いは神様からの愛に正しく応答し、隣人を自分自身のように愛するところにある。主イエス・キリストは私たちの代わりに「神の裁き」である十字架を担われた。そして「一粒の麦」として死んでくださった。主イエスの死によって、神様と私たちの間を隔てていた「罪」の壁が取り除かれ、私たちは神様と結ばれ永遠の命に生きる者とされた。主の死が「私たちの命」として実を結んだのである。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です