週報

2020年1月19日主日礼拝週報

2020年1月19日(No.42)
主 日 礼 拝 「教会はキリストの体であり、すべてにおい

てすべてを満たしている方の満ちておられる

場です」(エフェソの信徒への手紙1章23節)

 
《降誕節主日礼拝》  

 

前  奏

招きの言葉   イザヤ書40章9b~10a節(19)

頌  栄    148

詩編交読   詩篇103編6~13節     112頁

祈    り

聖  書   ルカによる福音書3章7~20節   105頁

讃 美 歌     208

説  教  「聖霊と火とによって」

                  小出 望牧師(長野県町教会)

祈    り

讃 美 歌  409

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄   29

祝  福       小出 望牧師

後    奏     

報   告

※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定

教会学校 9時30分~10時10分(於:礼拝堂・母子室)

夕礼拝  18時より

◇牧師出張:信州中野教会祈祷会 22日(水)13時30分より

祈祷会 23日(木)マルコによる福音書9章30~37節の学びと祈り

会堂清掃 25日(日)礼拝後有志にて清掃

次週主日の予告

◇主日礼拝     2020年1月26日(日)午前10時20分より

聖  書:ヨハネによる福音書19章1~16a

説  教:「誰がキリストを殺したか」 (使徒信条講解)

交読詩編:詩編19編1~7節 讃美歌:51、358、443、24

教会学校(礼拝堂・母子室)9時30分~10時10分

教会懇談会  礼拝後

夕礼拝 18時   ◎次々週の讃美歌:25,431,402,180,88

先週の集会出席者数

男  女 子 計           男   女   計

主日礼拝8 18  0 26  教会学校  0   0  0

祈 祷 会 2 4   0   6  夕 礼 拝  0  0   0

お知らせ

*横井牧師は教区伝道部委員として昨日より東静分区諸教会(修善寺、南豆、稲取、下田、各教会)を問安し、今朝は下田教会で説教奉仕をしております。そのため、当教会の礼拝は長野県町教会の小出望牧師に説教のご奉仕をしていただきました。心より感謝いたします。

*台風19号の被災者・被災教会のために祈りを合わせましょう。支援募金にご協力ください。受付の募金箱にお入れください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*1月26日主日礼拝後に教会懇談会を持ちます。現在の長野教会の状況を踏まえながら、共に次年度に向けて、教会の課題について考えていきたいと思います。ご予定ください。

☆神の恩寵に生きる群れとして☆

長野教会は今年4月で創立130年を迎えます。長野教会の歴史の中で私たちが心に留めてきたのは、小原福治牧師が愛した「恩寵は人生究極の実在なり」という言葉でした。「恩寵」(恵み)とは「主イエス・キリストの十字架と復活によって、私たちが神様の前に「義」とされるということです。私たちはこの「恩寵」(恵み)によって、私たちは「新たにされた者」となったのです。この「恵み」は、私たちの「行い」(功徳)によって得られたものではありません。「天地創造の前からの神の選び」(エフェソの信徒への手紙1章4節)によります。父なる神様は私たちを創造され、主イエス・キリストの十字架の血によって救いを与えられ、聖霊によって救いの保証を与えてくださいました。私たちは、この神様の恩寵(恵み)に生きる共同体です。神様は主イエス・キリストを通して私たちと出会い、私たちをご自身のものとし、私たちに天国の門を開いてくださいました。私たちは滅び行く罪人でしたが、恵みによって神様の前に義とされ、神の前に生きる者とされました。この「恵み」は私たちを召し、神様のために生きる者として新たに創造するのです。「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。」(ガラテヤ4章20節)。私たちは神様の恵みに応える者として今を生きています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です