週報

2019年9月1日主日礼拝週報

主 日 礼 拝 「教会はキリストの体であり、すべてにおい

てすべてを満たしている方の満ちておられる

場です」(エフェソの信徒への手紙1章23節)

 
《聖霊降臨節礼拝》  

司式   横井 伸夫     奏楽 関 理恵子

前  奏

招きの言葉   ガラテヤの信徒への手紙3章28節(9)

頌  栄    25

詩編交読   詩篇119編73~80節     135頁

祈    り

聖  書     エレミヤ書50章20節            1272頁

ローマの信徒への手紙3章21~26節  277頁

讃 美 歌     18

説  教  「神の恵みによる無償の義」藤森 誠神学生(東京神学大学)

祈    り

讃 美 歌   527

聖  餐   81

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    88

祝   福  横井 伸夫牧師

後    奏     

報   告

  ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定

教会学校礼拝 9時30分~10時

定例長老会  礼拝後

夕礼拝   18時

牧師教誨奉仕(於:長野刑務所)2日(月)17時30分~18時30

牧師出張;信州中野教会祈祷会 4日(水)13時30分より

祈祷会   5日(木)マルコによる福音書4章35~41節の学びと祈り

会堂清掃 8日(日)有志により清掃

次週主日の予告

◇聖霊降臨節主日礼拝 2019年9月8日(日)午前10時20分より

聖  書:イザヤ書40章27~31節、ローマの信徒への手紙8章18~26節

説  教:「希望において救われる」 松本 富雄先生

交読詩編:詩編92編1~16節 讃美歌:83-1、299、461、26

教会学校礼拝(礼拝堂・母子室)9時30分~10時10分

婦人会例会  礼拝後

夕礼拝  18時

◎次々週の讃美歌:4,458、474、28

先週の集会出席者数

男    女  子  計          男    女   計

主日礼拝10 19 0 29    教会学校  0 0 0

祈 祷 会 3  4  0   7     夕 礼 拝 0 0 0

上映会 男3,女7 計10

献金受領感謝(敬称略)8名の方より感謝献金が捧げられました。

夏期献金:7,4000円が献げられました。感謝いたします。

お知らせ

*本日をもって藤森誠神学生の夏期伝道実習は終了となります。1ヶ月の間、岩村田教会、長野本郷教会そして私たち長野教会のために多くの奉仕をしてくださいましたことを心より感謝をいたします。藤森神学生のこれからの歩みの上に主の祝福が豊かにありますようにお祈りいたします。

*9月15日の主日礼拝は伝道礼拝としてまもります。説教者は小淵康而先生(隠退教師・元新潟信濃町教会牧師)です。ぜひ、ご家族ご友人をお招きくださり、礼拝にご出席ください。また、礼拝後、愛餐の時を経て、教会修養会がもたれます。使徒信条の「身体のよみがえり、永遠の命を信ず」について小淵先生より学びます。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*リーストコインをお捧げください。受付にある箱に小銭を入れてください。

☆先週の説教より☆ 

「我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず」と私たちは使徒信条によって告白する。神様が全能であるということに私たちの救いがかかっている。私たちは自分の力によっては神様に義と認められることも、罪の力に打ち勝つも出来ない。そのままでは私たちは罪故に滅び行く存在である。しかし、神様はその私たちを罪から救い出し、ご自身の民とするために驚くべき業を成し遂げられたのである。人間の罪が極まったキリストの十字架において、神様は人間の罪の贖いを主イエス・キリストによって成し遂げられたのである。神様は人間の悪をも用いて善なる業、救いの御業を行われる方である。この方が私たちの父なる神である。神様の父としての愛は揺らぐことはない。だから、私たちはどのような時も神様に信頼し、感謝して生きることが出来る。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です