週報

2019年4月28日主日礼拝週報

2019年4月28日(No.4)

主 日 礼 拝

「教会はキリストの体であり、すべてにおい

てすべてを満たしている方の満ちておられる

場です」(エフェソの信徒への手紙1章23節)

《復活節主日礼拝》

前  奏

招きの言葉        詩編68編20~21節(44)

頌  栄    3

詩編交読   詩篇16編1~11節     16頁

祈    り

聖  書    申命記26章5~11節         320頁

              ローマの信徒への手紙10章5~13節  288頁

讃 美 歌     326

説  教 「信じかつ告白す」(使徒信条講解1)

                                  橫井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   405

信仰告白   使徒信条

献    金    

祈    り

主の祈り  

頌    栄    28

祝   福

後    奏     

報   告

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定

教会学校礼拝 9時30分~10時

定期教会総会  礼拝後

夕礼拝 18時より

故石田亮一兄埋骨式(於:花岡平霊園)30日(火)14時より

牧師出張:信州中野教会祈祷会 5月1日(水)13時30分より

祈祷会2日(木)マルコによる福音書1章40~45節の学びと祈り

◆会堂使用:ヒム・メイツ 2日(木)13時~15時

会堂清掃:5月4日(土)

次週主日の予告

◇主日礼拝 2019年5月5日(日)午前10時20分より 聖餐式執行

聖書:イザヤ書51章1~6節、ルカによる福音書24章36~43節

説教:「心の疑いを取り去る神」   横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編4編1~9節 讃美歌:25、325、451、81、29

*悔い改め・喜び・感謝をもって主の聖餐に与りましょう。

教会学校礼拝(礼拝堂・母子室)9時30分~10時10分

定例長老会  12時30分より

夕礼拝 18時

◎次々週の讃美歌:83-1、358、436、24

先週の集会出席者数

       男 女  子 計        男   女    計

主日礼拝 7 24  4  35   教会学校  0  5   5(+大人7)計12

祈 祷 会 3   3  0   6  夕 礼 拝  2  0   2

おしらせ

*本日礼拝後、定期教会総会を行います。教会員の皆様はそのままお残りください。

 傍聴希望の方は牧師までお申し出ください。

*イースターの恵みに感謝してイースター献金をお献げください。所定の袋でお献げ

 ください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*洗礼を受ける希望をお持ちの方、当教会への転入会を希望される方は牧師までお申し出ください。

☆先週の説教から☆

週の初めの日、マグダラのマリアら女性たちは用意していた香料をもって、主イエスが葬られた墓に行った。彼女たちは何とかして主イエスの体に香油を塗り、弔いをしたかった。しかし、彼女たちが墓についた時、墓の石は既に除けられており、墓の中に主イエスのご遺体はなかった。彼女たちは途方に暮れていると、二人の天使が現れ、「なぜ、あなたがたは生きておられる方を死者の中に捜すのか。あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ」と語った。「生きている者」とは「死を克服して永遠に生きる者となった」ということである。私たちは日々死に脅かされている。罪に隷属されている。だから真実な「生」は私たちのうちにはない。

主イエス・キリストは私たちのために罪と戦い、十字架で命を捧げられて、私たちの罪の贖いを成し遂げてくださった。主イエス・キリストは私たちの「死」を死んでくださり、復活してくださった。ここに主イエスの勝利がある。天使は主イエスがご自身の受難と復活を予告されていたことを「思い出すように」と女性たちに語った。御言葉を思い出す時、救いの道が自分の前に開かれていることを知らされる。イースターの喜びは主の勝利の御言葉を思い出すところにあった。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です