週報

2019年3月31日主日礼拝週報

2019年3月31日(No.52)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる」

(イザヤ書9章6節)

《受難節主日礼拝》

  奏

招きの言葉     詩編51章19節(33)

頌  栄    11

詩編交読   詩篇29編1~11節     30頁

祈    り

聖  書    出エジプト記34章29~35節   152頁

ルカによる福音書9章28~36節   123頁

讃 美 歌     518

説  教  「これに聞け!」 橫井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   403

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    28

     福   

後    奏     

報   告

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定

教会学校礼拝   9時30分~10時

牧師出張:東京神学大学長野地区後援会役員会(於:松本東)15時

夕礼拝 18時より

牧師出張:旭幼稚園園舎増築起工式 3日(水)10時より

北信分区牧師会(於:信州教会)3日(水)13時30分より

祈祷会 4日(木)マルコによる福音書1章9~15節の学びと祈りの交わり

◆会堂使用:ヒム・メイツ4日(木)13時~15時

清 掃   日 6日(土)

次週主日の予告

◇受難節主日礼拝 2019年4月7日(日)午前10時20分より 聖餐式執行

聖  書:哀歌1章1~14節、ルカによる福音書20章9~19節

説    教:「隅の親石」  橫井 伸夫牧師

交読詩編:詩編54編1~9節  讃美歌:25、305、436、81、24

*悔い改め・喜び・感謝をもって主の聖餐に与りましょう。

教会学校礼拝(礼拝堂・母子室)9時30分~10時10分

定例長老会 12時30分

夕礼拝 18時

◎次々週の讃美歌:83-1、280、358、26

先週の集会出席者数

       男 女  子 計          男   女   計

主日礼拝 8 22  0  30    教会学校 0   0   0

祈 祷 会 2  3 0  5  夕 礼 拝 0   0  0

臨時教会総会   計21名+傍聴1名 計22名

おしらせ

*受難節(レント)の歩みを続けています。私たちのために十字架を負われた主イエス・キリストの御苦しみをおぼえ、悔い改めつつ、喜びのイースター(4月21日)に向かって歩みましょう。

*2018年度の歩みが神様の恵みのうちに導かれましたことを感謝いたします。

*24日に行われた総会で、三名の長老が再任されました。また、2019年度の伝道計画案、会計予算案(経常会計・会堂特別会計・墓地会計)などが原案のとおり承認されました。感謝いたします。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*2019年度の委員会希望調査を行っています。第一希望、第二希望を記入し、受付にある所定の箱に入れてください。締め切りは4月7日です。

先週の説教より☆  ルカによる福音書9章18~27節

「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。」(23節)と主イエス・キリストは語られた。私たちのために、神様の御心に従い、受難の道を歩まれ、十字架について死なれた主イエス・キリストの愛に応えることが「十字架を負う」ということである。神様のために働き、隣人のために苦しみを負うことである。これは決して苦痛なことでも、無理な要求でもない。私たちを愛してくれた方のために労することは、私たちにとって喜びである。また、主のために働く私たちの業は決して無駄になることはない(1コリント15章58節)。 私たちは「自分を捨てる」ということが出来ずに苦しむ。しかし、聖霊によって神様の御言葉が私たちの心に入るとき、私たちは「自分」からも自由になる。神様は私たちを通してご自身の栄光をあらわしてくださるのである。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です