週報

2019年11月24日主日礼拝週報

2019年11月24日(No.34)
主 日 礼 拝 「教会はキリストの体であり、すべてにおい

てすべてを満たしている方の満ちておられる

場です」(エフェソの信徒への手紙1章23節)

 
《聖霊降臨節礼拝》  

 

前  奏

招きの言葉   詩編100編1~2(1)

頌  栄    51

詩編交読   詩篇17編1~12節      16頁

祈    り

聖  書    エフェソの信徒への手紙1章15~23節  352頁

讃 美 歌     522

説  教  「われらの主」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   529

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    29

祝  福

後    奏     

報   告

  ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  ――――――――――――――――――――――――――――

教会学校礼拝 9時30分~10時

大掃除  礼拝後

礼拝委員会 大掃除後

北信分区臨時分区委員会(於:信州教会) 15時

夕礼拝   18時

会堂使用:北信分区婦人部三役会 27日 10時30分より

牧師出張:信州中野教会祈祷会 27日(水)13時30分より

祈祷会  28日(木)マルコによる福音書8章1~10節の学びと祈り

会堂清掃 30日(土)

次週主日の予告

◇待降節(アドヴェント)第一主日礼拝     2019年12月1日(日)午前10時20分より

聖餐式が執行されます。

聖  書:イザヤ書52章1~12節、ヨハネによる福音書7章25~31節

説  教:「平和の神を待ち望む」横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編47編1~10節 讃美歌:19,239、78、81,88

*悔い改め・喜び・感謝をもって主の聖餐に与りましょう。

教会学校礼拝(礼拝堂・母子室)9時30分~10時10分

定例長老会  12時30分

夕礼拝 18時

◎次々週の讃美歌:83-1、231、432、27

先週の集会出席者数

男   女 子  計              男   女   計

主日礼拝6 21 2 29   教会学校  0   2  2

祈 祷 会 2   3   0   5  夕 礼 拝 2   0  2

お知らせ

*礼拝後、大掃除をいたします。多くの方の協力で短時間で終わらせたいと思います。

ぜひ、ご協力ください。軽食の用意があります。

*次週より待降節(アドヴェント)を迎えます。神の御子がなぜ人となり、この世に遣わされたかを思いつつ、罪を悔い改めつつ、喜びのクリスマスに向かって歩みましょう。大掃除の後、クリスマスの飾り付けをいたします。ご協力ください。

*台風19号の被災者・被災教会のために祈りを合わせましょう。緊急募金にご協力ください。受付の募金箱にお入れください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

☆先週の説教より☆

主なる神様の驚くべき御業によって奴隷の地エジプトを脱出し、御名をほめたたえた直後から指導者モーセたちに「エジプトの国で主の手にかかって死んだ方がましだった」と不平を述べた。彼らは自分たちが主の大いなる救いの計画に入れられていることを知らなかった。ただ主の愛によって救われたことを真剣に受け止めず、「見える事柄」、「見える幸福」ばかりを追い求め「神様を信じようとせず、御救いに依り頼まなかった」(詩編78編22節)のである。不従順なイスラエルの民に対して神の怒りは燃え上がるが、それ以上に神様の憐れみが豊かにイスラエルの民に注がれたのである。それが「マナ」(出エジプト記16章)の出来事である。主イエス・キリストはご自身のことを「わたしが命のパンである」と言われた。「命」とは神様との新しい関係である。神のもとに真実の命がある。私たちが主イエス・キリストの十字架と復活を通して私たちの罪を赦し、私たちを新たな存在として受け入れてくださることを信じる時に、私たちはもう「永遠の命」に至る道を歩み出している。私たちの人生の旅路は無味乾燥の荒れ野に見えるかもしれない。しかし、既に神の恵みによって私たちは永遠の命に向かって歩み出しているのである。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です