週報

2019年11月3日主日礼拝週報

2019年11月3日(No.31)
主 日 礼 拝 「教会はキリストの体であり、すべてにおい

てすべてを満たしている方の満ちておられる

場です」(エフェソの信徒への手紙1章23節)

 
《聖霊降臨節礼拝》  

 

前  奏

招きの言葉    ヨハネによる福音書4章23節(8)

頌  栄    25

詩編交読   詩篇51編1~11節      55頁

祈    り

聖  書   民数記21章4~9節       249頁

ヨハネによる福音書3章11~18節  167頁

讃 美 歌     194

説  教  「十字架を仰ぐ者に」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   18

聖  餐   81

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    88

祝   福

後    奏     

報   告

 ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定

教会学校礼拝 9時30分~10時

定例長老会  12時30分

夕礼拝   18時

分区教会音楽のつどい(於;上田新参町教会)4日(月・祝)

分区牧師会(於:長野県町教会) 5日(火)10時30分~14時30分

牧師出張:信州中野教会祈祷会 6日(水)13時30分より

祈祷会  7日(木)マルコによる福音書7章14~23節の学びと祈り

会堂清掃 10日(日)礼拝後有志にて

次週主日の予告

◇聖霊降臨節主日礼拝     2019年11月10日(日)午前10時20分より

聖  書:コリントの信徒への手紙二・3章7~18節

説  教:「キリストに向き直る時」森本 裕子伝道師(長野県町教会)

交読詩編:詩編105編7~15節 讃美歌:83-1、475、451、27

教会学校礼拝(礼拝堂・母子室)9時30分~10時10分

夕礼拝  18時    ◎次々週の讃美歌:4,58、301,29

先週の集会出席者数

男  女 子  計           男   女   計

主日礼拝7 19 2 28   教会学校  0   2  2

祈 祷 会 2  5 0  7  夕 礼 拝 2  0  2

献金受領感謝:7名の方より感謝献金が捧げられました。

お知らせ

*次週横井牧師は代務をしている信州中野教会の主日礼拝説教奉仕のために出張いたします。そのため当教会の礼拝は長野県町教会の森本裕子先生に説教のご奉仕をしていただきます。おぼえてご出席ください。

*台風19号の被災者・被災教会のために祈りを合わせましょう。緊急募金にご協力ください。

*信州中野教会の屋根葺替え等大規模な修繕工事を行いました。信州中野教会よりの外部献金に協力していきたいと思います。受付の募金箱にてお献げください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

☆先週の説教より☆

「キリスト者」とは、信仰により、恵みによって、主イエス・キリストに結ばれた者である。使徒ペトロは私たちがキリスト者とされた理由を「暗闇の中から驚くべき光の中へと招き入れてくださった方の力ある業を、あなた方が広く伝えるためなのです」と語る。

今までは罪に支配され、滅びの死が運命づけられていた。人間どうしの不和があり、病があり、災害など悲惨な出来事が私たちの周りに起こる。そのような「闇」の中でどちらに行ったらよいか迷っている私たちに神様が御声をかけてくださり、その招きに応えて進んで見るとすっぽりと光の中に入ってしまった。信仰生活に入るということはそのようなものである。その恵みの光は肉眼では分からない。しかし、その光は決して消えることのない希望となって、私たちの心を照らす。今までは神様の憐れみを受けることが出来ない者であったが、主イエス・キリストの十字架と復活の恵みにより、私たちは神様の憐れみの中で生かされる存在となった。私たちは主イエス・キリストと同じように聖霊が注がれて、新しい存在とされている。そして主イエスの体なる教会の一部分として、王・祭司・預言者としての業をこの世において果たし、神様に栄光を帰すのである。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です