週報

2019年9月22日主日礼拝週報

2019年9月22日(No.25)
主 日 礼 拝 「教会はキリストの体であり、すべてにおい

てすべてを満たしている方の満ちておられる

場です」(エフェソの信徒への手紙1章23節)

 
《聖霊降臨節礼拝》  

 

前  奏

招きの言葉   詩編29編2節(2)

頌  栄    26

詩編交読   詩篇142編1~8節  155頁

祈    り

聖  書     サムエル記下19章1~9節   511頁

ルカによる福音書14章25~35節 137頁

讃 美 歌     504

説  教  「腰を据えて人生を築く」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   510

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    29

祝   福   

後    奏     

報   告

  ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定

教会学校礼拝 9時30分~10時

北信分区委員会(於:信州教会) 15時より

夕礼拝   18時

北信分区婦人研修会(於:松代教会)23日(月・祝)

北信分区牧師会(岩村田教会)24日(火)10時30分~14時30分

牧師出張:信州中野教会祈祷会 25日(水)13時30分より

祈祷会  26日(木)マルコによる福音書6章1~6a節の学びと祈り

会堂清掃 29日(日)礼拝後有志による清掃

次週主日の予告

◇聖霊降臨節主日礼拝     2019年9月29日(日)午前10時20分より

司  式:中村 喜美枝  奏 樂:仲田 草苑子  当番:仲田 忍

聖  書:ヘブライ人への手紙7章22~25節(使徒信条講解6)

説  教:「完全な救いを与える方」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編37編7~22節 讃美歌:13,433,543,27

教会学校礼拝(礼拝堂・母子室)9時30分~10時10分

月末上映会  礼拝後

夕礼拝  18時

◎次々週の讃美歌:25,513,18,81,88

先週の集会出席者数

男  女 子 計          男   女   計

主日礼拝 8 25 2 35   教会学校  0  2  2

祈 祷 会 2 4  0  6    夕 礼 拝 0 0  0

教会修養会 男6,女19 計25

お知らせ

*教会通信「ぶどうの木」(第19号)の発行を計画しております。ぜひ、ご投稿ください。締め切りは今月末です。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*台風や豪雨などにより被災した教会・地域の人々のために祈りを合わせましょう。

☆教会修養会の学びより☆

教会修養会は私たち長野教会が大切にしてきた集会である。今回も経験豊かな小淵先生を通してたくさんのことを学ばせていただいた。今回の主題は使徒信条の「身体のよみがえり、永遠の命を信ず」という最後の部分であった。「我は聖霊を信ず」に続く、五つの告白は、主イエス・キリストが神様の恵みとして与えてくださる賜物であり、それを届けてくださるのが、聖霊の働きである。私たちはこれらのことが目には見えないが、恵みとして与えられていることを信じる。「聖なる公同の教会」、「聖徒の交わり」、「罪の赦し」とは私たちが現在その恵みに与っていることである。それに続いて「将来の事」として「身体のよみがえり、永遠の命」はある。

「身体」とは人間の全存在(身も心も全て)を表わす。他者との区別、他者との交わり、他者との関係も「身体」なくしてはない。「よみがえり」とは主イエス・キリストが「初穂」として死者の中から復活してくださったことに根拠がある。「初穂」は収穫の始まりであり、それに続いて多くの実りがある。主イエス・キリストの復活に続いて私たちも復活する者とされている。復活は死に対する勝利である。そしてイエス・キリストの栄光にあずかるものである。「永遠」とは現在の時間の延長線上にはない、来たるべき神の国に属することである。「いのち」とは質的に新しい世界に属するものであり、「神との全き交わり」である。私たちはその「いのち」に与る喜びと賛美と感謝を今、既に与えられている。「死」は私たちの前にあるのではない。「死は私たちの後ろにある。前にあるのは永遠の命である。主イエス・キリストが私たちの死の問題を解決してくださったのである。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です