週報

2019年5月12日主日礼拝週報

2019年5月12日(No.6)
主 日 礼 拝 「教会はキリストの体であり、すべてにおい

てすべてを満たしている方の満ちておられる

場です」(エフェソの信徒への手紙123節)

 
《復活節主日礼拝》  

 

前  奏

招きの言葉       イザヤ書35章1~2節(45)

頌  栄    83-1

詩編交読   詩篇84編1~13節     93頁

祈    り

聖  書    ヨハネの黙示録7章9~17節   460頁

讃 美 歌     358

説  教  「最後に立っているところ」 森本 裕子伝道師(長野県町教会)

祈    り

讃 美 歌   436

信仰告白   使徒信条

献    金    

祈    り

主の祈り  

頌    栄    24

派遣の言葉  93-6-(7)使徒言行録1章8節

司式者:あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。

そしてエルサレムばかりでなく、サマリアの全土で、また

地の果てに至るまで、わたしの証人となる。

会衆:アーメン

後    奏     

報   告

  ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定

教会学校礼拝 9時30分~10時

教会大掃除   礼拝後 ◇北信分区総会(於:上田新参町教会)16時より

夕礼拝は休会とします。

牧師出張:信州中野教会祈祷会 15日(水)13時30分より

祈祷会16日(木)マルコによる福音書2章13~17節の学びと祈り

◆会堂使用:ヒム・メイツ 16日(木)13時~15時

次週主日の予告

◇主日礼拝 2019年5月19日(日)午前10時20分より

聖書:申命記7章6~11節 ヨハネによる福音書15章11~17節

説教:「実を結ぶために」 橫井 伸夫牧師

交読詩編:詩編119編9~16節 讃美歌:4,493、481、26

教会学校礼拝(礼拝堂・母子室)9時30分~10時10分

婦人会聖書研究(ヘブライ人への手紙11章の学び)・例会 礼拝後

牧師出張(信州中野教会教会総会)13時より  夕礼拝  18時より

◎次々週の讃美歌:3,382,458、27

先週の集会出席者数

男 女  子 計          男   女   計

主日礼拝5 19  4  28    教会学校  0  4  4

祈 祷 会2   6   0  8   夕 礼 拝  0  0  0

おしらせ

*橫井牧師は代務をしている信州中野教会の主日礼拝説教奉仕のために出張いたします。そのため、本日の当教会の礼拝は、先月に引き続き長野県町教会の森本裕子伝道師に説教奉仕をしていただきました。感謝いたします。

*礼拝後、大掃除を行います。多くの方の協力により、短時間で終えたいと思います。

普段出来ないところもやっていきたいと思います。昼食の用意があります。

*橫井牧師と鶴巻宏治長老は本日行われる北信分区分区総会に議員として出席します。北信分区諸教会のためにお祈りください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*長老会報告があります。

☆先週の説教から☆    ルカによる福音書24章36~43節

神様の成し遂げられる救いの御業は、私たちには「不思議」としか思えない。しか

し、その御業は閉ざされている心を開き、闇に覆われている世を希望の光で照らし出

す。しかし、神様の御業を私たちはなかなか受け入れることが出来ない。罪の隷属の

中で傷つき、傷つけられ、生きる力を失ってしまっているのである。そのような民に

神様は驚くべき御業をもって臨まれる。解放の御業がなされるのである。しかし、神

様の救いの業を告知されても、傷ついた人間の心は神の救いを受け入れることが出来

ない。そのような者たちのところに復活の主イエス・キリストはご自身を現わされる。

弟子たちは、復活の主イエス・キリストを亡霊だと思った。「霊」の姿で現れたの

だと思ったのである。しかし、主イエスは御自身の手足にある十字架の傷跡を弟子た

ちに見せ、焼き魚をもって来させて弟子たちの前で食べられた。「まさしくわたしだ。」

(「わたしが復活したのだ!」)と主イエスは弟子たちに御自身が死に勝利した事実を示された。私たちも神の救いをしばしば疑う。しかし主イエスは御言葉と聖礼典をもって、私たちに御自身の存在を明らかにしてくださるのである。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です